消費者金融アコムの歴代CMに出た芸能人やタレント・モデルの金銭感覚と処世術

2018年8月7日

サラ金地獄なる言葉も世に出た消費者金融のCMにでた芸能人アコム編

お金になれば何をしてもよいのか。

そういった道徳観念も問われる消費者金融のCM出演です。

社会的信用の低い人間に貸し付けるのが消費者金融であり、消費者金融に手を出してしまうような方はまともな人も勿論いるでしょうけれど、金銭感覚が狂った上でのギャンブル中毒、買い物中毒、クレジットカードの使いすぎによる現金不足などなど金銭的にだらしない方が多くいる印象をどうしても受けてしまいます。

お金を借りることができなければ、なんとかやり過ごさなくてはなりません。

しかし、簡単に借りてしまえることで、問題を先延ばしにし、挙句の果てには借金を別の消費者金融に借りて返すという、いわゆるサラ金地獄に陥る人が大勢出てしまいます。

消費者金融の金利だけが高いのではなく、クレジットカードのキャッシングだって金利は高いです。

私の中では両者に違いはありません。キャッシングという高利の物に手を出してしまう方にとってはどちらも同じ商品です。利用者を借金まみれにするという点において。

消費者金融は広告を打つことでいかに利益があがるか

1980年代前半から現在まで1年365日毎日CMを続けてきたことをみるといかにCMで知名度と簡便性を訴え利益を上げてきたかがわかります。

正しい金銭感覚を持っている人間はテレビCMを見て馴染みがあるからといって消費者金融には手を出しません。

ということは消費者金融のCMは明らかに金銭的にだらしなく、下手をすればサラ金地獄に陥りそうな人々をターゲットにしているのは自明の理であります。

とすれば消費者金融のCMにでるということは人を不幸にさせる片棒を担ぐ仕事という見方もできるわけです。

そしてその報酬は消費者金融利用者の生き血をすった諭吉であるということも言えてしまうのです。

やっていることは同じですが、そのことを自覚してそれでも私は報酬を貰うのだ!というタイプとわーい高額報酬のCMキター!という2タイプに別れるのではないでしょうか。

勿論消費者金融のCMに出ることによって高感度が下がる可能性は大いにありますから、タレント事務所のほうでも検討しているに違いありませんけど。

歴代消費者金融アコムCMに出演した芸能人

サラ金地獄、サラ金問題という言葉が生まれた1980年代

大場久美子さん。
2009年から心理カウンセラーの資格を取ったり、カンボジアへの支援団体に協力したり、各種NGO,NPO団体を応援しているようです。

ケント・ギルバートさん。
現在でも朝まで生テレビなどの討論番組でご活躍中です。ネットワークビジネスメラルーカの上層階層の人でもあります。儲かるのだったら何でもアリというタイプとお見受けいたします。

松居直美さん。
自らを「CR松居直美」というパチンコ台にして稼いだあたり、儲かるものであれば人を不幸にしても問題ないと思っていそうです。パチンコとサラ金のダブルは強烈です。

バブル崩壊消費者金融急成長の1990年代のコマーシャル

小坂一也さん。
1997年にお亡くなりになっています。歌手で俳優でした。

女優の十朱幸代さんと事実婚なさっていました。はーちゅうさんとAV男優しみけんさんのはるか前に事実婚されました。結果は一年で破局。

セイン・カミュさん。
大叔父が「異邦人」や「ペスト」で有名なノーベル賞受賞作家のアルベール・カミュ氏。日本という外国でしたたかに生きるためには必要な契約であったかもしれません。

ラララ無人君で一世風靡しました。

自動契約機の出現で多重債務者自己破産者が増えた?

消費者金融の自動契約機導入は1993年の事でした。

アコムのむじんくんがその先駆けです。

このあと武富士の¥enむすび 、プロミスのいらっしゃいましーん、アイフルお自動さん、など街角で自動契約機ゾーンがどかんどかんと増えていったのでした。

気軽に誰の目にも触れず、ギャンブルなどの資金を簡単に借りて自己破産者を量産したのでした。

高木美保さん。
タレントをやりながら農業もこなす知的な印象のある高木美保さんがアコムのCMに出たのが1995年で33歳のとき。若気の至りでは済まされない年齢です。今はこのことを汚点に思っていそうです。

柳沢慎吾さん。
何も考えていなさそう。

闇金被害も急増した2000年代のCM出演者

川合千春さん。
モデルでデビュー。
いしだ壱成氏と交際していたことが全てを物語る。

奥山佳恵さん。
サザンオールスターズが押し上げた芸能プロダクションアミューズ所属。

履いて捨てるほどいる所属タレントの中から汚れ役として選抜した可能性があるかもです。

本田博太郎さん。
9歳でお母様を亡くし役者を夢見て10年ほど様々なバイトで食いつないでいた苦労人。世の中の酸いも甘いも知ったうえでのサラ金コマーシャル出演でしょうか。日活ロマンポルノにも出演されていました。

萩原流行さん。
芸能人お宅拝見みたいな番組で食卓の風景がテレビに流れましたが、何か小汚い物をラップを少しはがした状態で器からとって食べているのを見て偉く庶民的だと思った記憶があります。

ネコ好きというのも好印象を抱いた理由の一つです。金融リテラの大好きな俳優さんの一人でした。アコム出演だけはショックでした。ご冥福をお祈りしています。

小野真弓さん。
元グラビアアイドル。
2002年のアコムのCMでその名が全国区となります。

サラ金の宣伝への出演は落ち目になったからというのが巷でよくささやかれていることですが、小野さんはサラ金アコムから花が開くという反対の流れで非常に珍しいです。

彼女はNHKの数学高校講座に出演していてびっくりしました。

木下鈴奈さん。
声優さんで女優さんだそうです。全く存じ上げません。
すみません。

石坂ちなみさん。
モトグラビアアイドル。この方もアコムとパチンコ屋のCMにでておりお金をもらえればなんでもするとういうタイプでしょう。

品川庄司さん。
お笑いコンビ。品川祐さんは高感度の低い芸人として一世風靡していた時代があり、そんな彼を出してしまったことはアコムの失敗だったかもしれません。

熊田曜子さん。
元グラビアアイドル。
サラ金、本人パチンコ台、化粧品のモデルなど儲かればなんでもやる節操のなさが目に付きます。

木内晶子さん。
サラ金、アデランスと人の不幸を食い物にしている感があります。

カンニング竹山さん。
最近はコメンテーターとしてのお仕事も増えているようです。

父親の会社の倒産で厳しい思いを高校生の時にしたり、自身もサラ金からお金を借りて50万が450万に膨れ上がり返済不能になった経験をお持ちです。そんな彼がアコムのCMになぜ出演したのか理解に苦しみます。

ヒロシさん。
ヒロシです。でお茶の間を楽しませてくれたヒロシさん。
現在は歌声喫茶を経営されておりそれなりに稼いでいらっしゃるようです。

パチンコ、求人情報誌、資生堂など多くのCMに出演しました。
パニック障害を抱え苦労してきたようです。

ウド鈴木さん。
若い頃クレジットカードなどで借金を800万円ほど作ったことがあるそうです。カンニング竹山さんにしてもウド鈴木さんにしても苦い経験があるのにこのようなCMに
でるというのはお金に割り切っていると思われても仕方がありませんね。

太田有美さん。
趣味が舞台鑑賞とジム通い、そして読書と法政大学を卒業された才女です。サラ金のコマーシャルはキャリアの汚点ではないでしょうか。

森山周一郎さん。
声優、俳優、ナレーターの大御所。

もう80歳回っています。ラジオで声のみのアコムCM出演です。高齢でよく分からず
出演してしまったのでしょうか。

石原あつ美さん。
元グラビアアイドル。
廃止された公営企業金融公庫のイメージキャラクター、消防庁のポスター、国民生活金融公庫(これも廃止されています)のCMを経て最後にアコム。

廃止、廃止、アコム。怖いです。

江波戸ミロさん。
元女優さん。活動期間僅か2年。アコムでサクッと稼いで引退されたのでしょうか。

大堀恵さん。
元AKB48。結婚されお子さんがいらっしゃいます。
他特記することなし。

大島麻衣さん。
元AKB48。
AKBを早々と卒業され、ブログなどでも問題発言をして居場所がなくなってしまっています。後先を考えて行動するタイプではなさそうです。

篠田麻里子さん
元AKB48。
金融リテラが好きな漫画ギャングースの映画が2018年秋に公開されるのでそれは
楽しみにしています。

タモリさん。
後述します。

渡辺真理さん。
もとTBSのアナウンサーで現在はフリーで活躍なさっています。なぜサラ金のコマーシャルにでたのかお金以外の理由が不明です。

武井壮さん。
機運にのって稼げるときに稼ぎまくろうというイメージが私にはあります。

永作博美さん。
自身も認めていた童顔も通用しなくなってついついといったイメージが私にはあります。

前田敦子さん。
最後の大仕事であるアコムのコマーシャルでお金を得てさらにお金持ちと結婚できて大成功です。

アコム現行のCMは渡部篤郎さんと佐藤美希さんのペア

これはテレビのCMではなく、WEB専用のものだそうです。

渡部篤郎さんは日活ロマンポルノ出演もある、稼げれば何でも系の方に思われます。

佐藤美希さんは今売り出し中のモデルさんですね。

ショートカットがよくお似合いのお嬢さんで個人的には若し時の水川あさみさんに
似ていると思います。

以前からいろいろなCMで活躍されておりかわいいな~と思っていたのですが、消費者金融のコマーシャルに出ると私の中でイメージは悪くなってしまいます。

タモリさんはなぜアコムのCM出演に踏み切ったのか

もう終わってしまいましたが、わらっていいともだけで135億円稼いだそうです。それにCMや他番組をまぜると芸能界でも当然トップクラスの稼ぎになります。

総資産額は100億円と噂されています。

最近でこそグラビアアイドルや芸能人がサラ金のコマーシャルにでるようになりましたが、タモリさんが出ているなら私も!俺も!というきっかけを作ったと思います。

今のサラ金はメガバンクと提携しており、以前ほどマイナスのイメージはなくなっています。

サラ金コマーシャルにタモリさんが出演してくれれば、後に続く芸能人やグラドルへのオファーが格段にやりやすくなります。

そのような戦略のもとタモリさんには業界での常識を超えた報酬が与えられたという可能性はないでしょうかね。

最後に。
このブログは金融リテラシーを身につけて頂くことが趣旨なのでどんなにイメージが変わろうとも決してサラ金などに手を出してはいけない!ということで〆たいと思います。

ありがとうございました。

金融リテラシートップ

アイフルのコマーシャルタレント一覧