父の会社倒産から立ち上がった娘、高橋メアリージュンの生き方が素晴らしい

2018年7月29日

闇金うしじま君で見せた演技が強烈で金融リテラの脳にもしっかり記憶されている女優さん、高橋メアリージュンさんです。美しいセブ島周辺の画像です。

母親はフィリピンパブで働いていた女性

高橋メアリージュンさんのお母様はフィリピン人で実業家のお父様と出会い結婚されるまではフィリピンパブで水商売をなさっていました。

最近ではフィリピンから稼ぎに来るというパターンだけではなく、日本人が物価の安い国フィリピンに移住し、そしてそこで貧困化していくという新しいものもあります。

この本にはそこら辺の事情が詳しく書いてあり興味深いです。

フィリピンパブの女性に騙されて金品を巻き上げられてこの本に書かれているような人生を老人になって迎えたくはありません。ちょっとしたホラーよりスリリングで高みの見物にはもってこいの本となっています。

フィリピンに逃亡したあの詐欺師は?

高橋メアリージュンさんのお母様のように、会社経営者のお父様に見初めてもらい、帰国もせず日本の地をベースとして生きてこられた方はまた別のタイプのフィリピン女性ということでして、全てのフィリピン女性を卑しい人種と考えるのは良くありませんね。

フィリピン女性に騙されて大変な目にあう日本人男性が減ればいいのにとは思います。

お父様の牛乳配達会社が倒産して極貧生活に突入

彼女が中学1年生のときにお父様が経営されていた会社が倒産してし大きな負債を抱えてしまいます。

牛乳配達の会社だったようです。

彼女が中学一年生のときは1999年か2000年です。

牛乳配達業は1976年に事業者数で20000件を突破してそのピークとなりますが、30年後の2006年には10000件を下回りました。30年間で半数に減ってしまいました。

牛乳の消費量も1976年がピークで年間500万キロリットルでしたが、30年後はピーク時の10%減。2013年ではピーク時の30%減となっています。

現在では老人人口が爆発的に伸びていますので、老人相手の宅配事業は伸びていく傾向にあります。

メアリージュンさんのお父様もあと十五年くらい耐えられたならもう一度良い目を見られたかもしれません。

ビジネスにも人生にもたらればなどありませんが。

中小企業の資金調達にファクタリング

自己破産しなかったのか現在も家に給料を殆ど入れている

サラリーマンをされている長男さん、サッカー選手の次男さん、モデル・タレント・女優のメアリージュンさん、モデルの妹さん、みなさん実家にお金を入れているようです。

関係ないですが、妹さんの高橋ユウさんのほうが私金融リテラの好みであります。

中学一年生までは6LDKの大きな家に住まい、海外旅行も行っていたそうです。

倒産して以来は食べるものにもこと困るような生活を家族で経験されたようです。

夫の会社が倒産しても見限ることなく離婚しなかったお母様はご立派だと思います。お母様の強さが高橋家の結束につながっているのですね。

尊敬できるはじめてのフィリピン人女性かもしれません。スペイン系というところが非情にひっかかるのですけれど。

メアリージュンさんは難病や子宮頸がんなどにかかり大変だと思いますが、ウシジマくんで見せたようなど迫力な演技をこれからも見せて欲しいです。

そしてもっともっと稼いで頂いて、実家に送金しなくて良い日が一日でも早く来ることを心より祈っています。

金融リテラシー養成所トップ