40歳で資産63億円を使い果たして破産した元プロボクサーフェリックス・トリニダード

2019年1月26日

【クイズ】
■プエルトリコはどこの国の自治領?

■2017年5月にプエルトリコを襲ったハリケーンの名前は?

答えは記事の中にあります。

プエルトリコのスーパースターフェリックス・トリニダード

プエルトリコで17歳プロデビュー。プロ戦績45戦42勝3敗。

1990年代から2000年初頭にかけてウェルター、スーパーウェルター、ミドルの三階級を制覇したプエルトリコを代表するプロボクサーです。

フェリックス・ティト・トリニダードKO集

打たれ弱い部分もありましたが、負けん気がとても強く、後ろに引かず前へ前へと出るボクシングスタイルでファンも多かったです。

オスカー・デ・ラホーヤとの戦いが私の中では大変面白かったです。

ボクシングキャリア18年で稼いだ金額は約90億円そのうち63億円をプエルトリコ債に投入して紙くずにする

プエルトリコはカリブ海北東にあるアメリカの自治領です。人口は400万人に満たないです。

プエルトリコの国債格付けは?

特産品は野球選手ですね(笑)メジャーリーグに有名選手を50人以上出しています。

1898年の米西戦争でアメリカはスペインから、フィリピン、グアム、プエルトリコを獲得し、キューバを保護国として管理しました。

プエルトリコはアメリカ自治領ですが、2015年に債務不履行でデフォルトしています。

トリニダードはボクシングプロモーターでありボクサーの資産管理も行うホセ・ラモス氏に63億円分勝手にプエルトリコ債を購入されプエルトリコがデフォルトしたことで紙切れになってしまい今でもその件で裁判中です。

ホセ氏は国債を購入する事でキャッシュバックを稼いでいたとされています。

アメリカ自治領なのに医療サービス無料のプエルトリコ

せっかくできたオバマケアも廃止の方向に進めたいトランプ大統領だったりしますが、プエルトリコの医療サービスは無料らしいのでアメリカの医療を受けられらない貧困層はなんとかバイトでお金を貯めてプエルトリコ移住がいいと思ってしまいますね。

北部は雨が多いそうですが南部は乾燥していて住みやすそうです。

ニューヨークやシアトルなど寒い所にもホームレスがいっぱいいます。なんとかより温かいところでやってほしいです。

ハリケーンが大変らしいですが、ホームレスなら被害は最小限です。

ゆかいなLAおばちゃん4人組のプエルトリコ旅行動画

ホームレス!とか書いておいてなんなんですが、けっこう物価高そうですし貧しい雰囲気があまりありません。

それもそのはず2017年の一人当たり名目GDP31580ドルで世界29位です。日本は38449ドルで25位。ほとんど変わらないじゃないですか。

いえいえ大変なことになっているのです。

2017年プエルトリコは連邦裁判所に破産申請

2019年現在も破産手続き中であります。

2017年5月に破産申請したのですが、同年9月にハリケーンマリアがプエルトリコとドミニカを襲います。

もうすぐ2年が経とうとしています。

観光でもっている国です。ホテルやレストランは以前の賑わいを取り戻したように表面上は見えますが、そうではありません。

ハリケーン前の観光客の人数は取り戻せていませんし、山間部のコミュニティーのインフラは完全に復旧していません。

ハリケーンマリアから1年後のプエルトリコの様子

情報を得るための英語の学び方

十年越しの不況によるプエルトリコの借金でインフラの修理修繕がなされていない状態でハリケーンマリアに襲われたことは本当に不幸でした。

高齢化社会となっているため、ハリケーンの影響で道路が分断されれば様々な病気で薬を必要としている高齢者に医療が行き渡らずに死亡者を増やすことに繋がりました。

ハリケーン前の経済状態に戻るには10年かかるかもしれないとレポーターの女性はいっています。