女性のための金融リテラシー養成所。男性に頼らず自立した生き方を!

2019年3月23日

男性に頼って生きる時代の終焉。
女性の経済的自立がどうしても必要

男性の草食化が言われるようになってもう久しいです。

仕事があって友達がいてスマホがあってゲームがあれば女性がいなくても良いという男性が以前よりずっと多く
なっていることは否めません。

とりあえず彼女は欲しいけれどゲームもやりたい。そのような男性が大勢います。

女性にはこのような心理はなかなか理解できないと思います。

自分には彼女がいるという安心感をもちつつ、自分の好きな事もしたいという欲張りなところが男性にはあります。

彼女ができたからといって男友達の付き合いを控える男性は嫌われます。

しかし彼氏ができたら彼氏中心の生活に代わり女の友情をいとも簡単に捨ててしまう女性は結構いますよね。

これは昔も今もあまり変わらないように思います。

男女の結婚願望に関するミスマッチが酷い

結婚によるメリットが少なくなってきているため恋愛に関する事情も変わってきています。

近年の傾向としましては

●女性は結婚したいから恋人がほしい

●男性は恋人が欲しいけど結婚したくない  

ということです。

つまり男性側から見て、都合のよい女特需です。

結婚して!と迫らず、好きなことを自由にさせてくれてずっとダラダラ付き合える女性が大人気です。

そのような女性を求める男性と万が一結婚したとしても幸せになれるはずがありません。

結婚で一発逆転を狙うより経済的に自立してコツコツ生きる

男性側は一昔前よりも給料が減り結婚して生活していくことに不安を覚えてきていますが、趣味が多様化したうえにネットやゲームであればそれほどお金をかけずとも楽しい日々を過ごせてしまいます。

また無料のアダルト動画の氾濫で昔とは比べ物にならないくらい性の処理が簡単であるていどの満足がいくようになってしまいました。

彼女がいなくても選び放題の美しい女性の裸を見ながらサクッと性処理できてしまう時代なのです。

そして高収入エリートの男性はこの時代数が極端に少ないので女性もとっかえひっかえ入れ食いでハイパーモテ状態にいます。

そのようなエリートが結婚する女性の条件は自立した女性です。

女性もお金や金融に強くならないといけない!

派遣社員同士の結婚は経済的にあまり幸せとはいえませんね。子供も育てられないだろうし。

おおよそ結婚に関しては次の5パターンに分類できると思います。

1経済的に自立していなくても裕福男性と結婚=僥倖(ぎょうこう)

2経済的に自立しているもの同士の結婚=まずまず幸せ

3経済的に自立していて結婚できない=問題なし

4経済的に自立していないもの同士の結婚=危険

5経済的に自立していない上に結婚もできない=瀕死

1は不可能に近いですがそれを夢見てアラフォーでも婚活している猛者女性がいますけど痛々しいですね。

2を目指しつつ最悪で3というのが現代では正しい立ち回りではないかと思います。

20代で自分磨きと称してエステやネイルやダイエットなど外見ばかり磨いてお金が貯まらない人。

お金の管理がずさんで何に使っているかわからないのにお金が羽をはやしてなくなる人。

買い物依存でクレジットカードのキャッシング枠を使い切ってしまう人。

投資してみたいけど勉強する時間がなく何をしてよいか分からない人。

そろそろお金について本気で考えるときがきたようですね。

NYでも話題 ファイナンシャルジム「bookee」

女性専用です。新たに銀座シックス店もオープンしました。

あなた専用のお金のパーソナルトレーナーがつきます。

3ヶ月という短い期間であなたにあったお金の知識を全力で授けてくれます。