消費者金融アイフルのコマーシャルに出演した歴代芸能人やタレント・モデル

歴代消費者金融アイフルCM出演芸能人

どうするぅ~アイフル~♬のコマーシャルで一世風靡した感のあるサラ金アイフルです。

超悪質な取立てを過去に実施し、アイフル被害者対策全国会議なるものまでかつて結成されました。

愛がいっぱいアイフルというより悪魔フルだと思います。

金銭にズボラな人々を地獄に送ってきた消費者金融。前回のサラ金アコムに引き続き、サラ金のコマーシャルで稼いだ芸能人を列挙していきます。

1980年代あべ静江さんのアイフルコマーシャル

30代のあべ静江さんでしょうか。若くて綺麗ですね。

まだ消費者金融がそれほど社会に浸透していなかった時代なので、その悪質さも人口に膾炙しておらずコマーシャル出演もいたしかたなかったかもしれません。

80年代アイドル松本伊予さんの90年代サラ金CM

生活じょうずアイフルとのキャッチコピーですが、世渡り上手松本伊予さんといったところです。

81年デビューなので90年はもう9年たっておりアイドルとしては落ち目です。ですから良い稼ぎになったことでしょう。

早見優さんと一緒に線路に入って記念写真をとって書類送検されたのが記憶に新しいです。あまりモラルというものを持ち合わせていない方なのでしょう。サラ金CM出演も納得できます。

グラドルとサラ金の親和性はハンパない辰田さやかさん

素人っぽさが売りの彼女でしたが素人っぽさ故に完全なる一発屋さんで終わってしまったようです。市井の人々にはその一発すら普通はありませんから、おめでとうございますといったところでしょうか。

元美容師俳優和田聡宏さん

美容師専門学校を卒業したあと、一旦美容師になりましたが、俳優に興味を持ち劇団に所属し、2002年アイフルのコマーシャルを勝ち取りました。

俳優になるためにはまずは認知度をあげること。その意味ではアイフルのCMは彼のキャリアアップに大きく貢献したことでしょう。

チワワ、清水章吾さん、本多彩子さん

一世風靡したチワワコマーシャルに出演されていた清水章吾さんと本多彩子さんです。

59歳まで細々と俳優業をされていた清水章吾さんですが、2002年のアイフルコマーシャルを経て大ブレークして活躍されるようになりました。

本多彩子さんはこのCMで2002年女性タレントCM高感度ランキングで見事3位をとりました。因みに1位は樹木希林さんでした。

チワワに関してはかわいい小動物を起用することで本来危険であるサラ金を広く世間に安易に利用してしまうことを促すとして2006年にアイフル被害対策全国会議がJAROに広告中止の申立をし、同じ年に業務停止命令が出されました。

可愛い女性やセクシーな女性を起用しての広告には~全国会議は噛み付かなかったのですね。

グラビアアイドル安田美沙子さんのアイフルCM

日清食品のどん兵衛やJR東海のコマーシャルにも出演していた安田美沙子さんですが、彼女をスターダムに押し上げたのはこの2003年アイフルの宣伝といってよいでしょう。21歳です。

しかしコマーシャルに堂々と実質年率21.50%~28.835%と表示されています。現在のアイフルは3%~18%となっています。

2000年代初頭はさぞかし儲かったことでしょう。そして取り立ては暴力を使ってでも必死にしていましたね。

バナナマンプラスいとうあさこさん

淫行問題や不倫疑惑とゴシップにことかかないバナナマンさんと実家が資産家であるお嬢様芸人のいとうあさこさんとのタッグコマーシャルです。

サラ金ギャンブルなんでもOKのスギちゃん

一発屋的な盛り上がり方をし、今では地方営業がメインのスギちゃんですが、もう十分貯金がたまっているから人生余裕だと思われます。

そしてテレビに出なくとも地方営業だけで全然普通のサラリーマンより3倍ほどの給料を貰えます。

彼は宝くじのCMにも出ていましたから、モラルというか節操がないのでしょうね。儲かりさえすれば。

ファッションモデルがサラ金のCMに坂田梨香子さん

SeventeenやCanCanのファッションモデルをされている坂田梨香子さん。

アイフルのコマーシャルはユーチューブにありませんのでかわりにリプトンのCMです。

はじける爽やかさと穢れなくあどけない笑顔でリプトンの宣伝にはぴったりですが、なぜにサラ金なんかのコマーシャルに出演なさったのでしょうか。

大地真央さん9年ぶりのCMがサラ金アイフル

板さん演じる元キングオブコメディーの今野浩喜さんは相方が東京の高校に潜り込んで女子高生の制服などを盗んで逮捕されコンビ解消してしまいました。

現在ドラマなどで大活躍されています。

大地真央さんは前回のCMはコーヒーのボス。飲料や保険、化粧品などのCMを経て、ボスから9年ぶりのコマーシャルがサラ金。

サラ金のイメージアップと銀行のイメージダウン

アイフルはサラ金の中でも珍しくどこの銀行の傘下にもなっていません。

しかし他の消費者金融はほとんどどこかの銀行グループ傘下にあります。

例えばアコムは三菱UFJフィナンシャルグループ、プロミスは三井住友銀行グループ、SMBCモビットは名前が示す通りSMBCグループです。

様々な芸能人、タレント、モデルなどを起用してイメージアップを図るサラ金ですが、反対に銀行はサラ金業界の力を借りないと利益を出せないという経営不振イメージをもたれることになります。

消費者金融などと手を組まないといけなくなった銀行に未来はありませんね。

闇金でトイチで借りたら年率いくら?