宝くじ高額当選で人生が変わったイギリスの女子高生のその後の貧困生活

16歳で3億円を宝くじで当てたイギリスの女子高生

2003年にイギリスで3億円(当時レート)をあてた16歳の少女キャリー・ロジャーズさんが持っているグラスの中身が果汁20%のHI-C オレンジにしか見えませんね。当時未成年だから当たり前か。

正確には1875000ポンドです。

海外で宝くじを当てた方はドラッグに走る傾向がありますが、それって宝くじ当てなくてもできることではないでしょうか?

中卒でブラック企業に入社するか大卒でブラック企業に入社するかのような違いに感じます。行き着く先は同じってことで。

16歳での宝くじ当選は私にとっては呪いであったbyキャリー・ロジャーズ

16歳という年齢は当時のイギリスで最年少の高額当選記録。

日本でもtotoはダメですけど、一般の宝くじは年齢制限がありません。保育園の息子が公園の帰りに買った宝くじで3億円!とかならないものですかね。

ハフポストによりますと、当時16歳でしたが女子高生ではなく、どうやら仕事をしていてようですが、当選直後に仕事をやめています。

大手サラリーマンで生涯賃金が2億円ほどといわれていますから、たかだか3億当てた程度では生涯保障にはなりませんけど学もなかったのでしょう。

当選当時デイリーテレグラフのインタビューで彼女は「はでに使うつもりはありませんし、会計士からアドバイスも受けるつもりです。

家族の手助けをしたいし豪華でない普通の家を手に入れ普通の生活をしたいです。車も普通のを買います」

しかし他の多くのティーンエイジャーが移り気なように、彼女もwindfallを使い始めました。 windfallというのは風が落とした果実。日本語でいうとたなぼたですね。労せず得たお金はどこの世でも湯水の
ように使い始めるのです。

貯めるのは難しいが使うのが簡単なのがお金。彼女の散財

これからの時代特に女性は金融リテラシーを身につけないといけません。

イギリス大衆紙ザ・サンによると2011年までにキャリーさんは自分の物を含め4つの家を家族のために購入し、2人の子供を儲け2回の豊胸手術、4回の自殺未遂、そしてコカインに25万ポンド使いほとんどお金がない状態。

ザ・サンの記事では2018年の彼女の画像や映像を見ることができます。

8年間で使い切ったことになります。

幼少期に受けた性的虐待のトラウマから逃れるためにもドラッグを使用したとのこと。

2011年、24歳の彼女は子供が3人になり新しい男性とお付き合い、看護師になるためのトレーニングを受けていました。

宝くじニュース2016年当時のキャリー・ロジャーさん

銀行口座にあるのは2000ポンド(27万円ほど)。

「今思えば3億円という大金は16歳の人間の手に負えるものではなかったわ」親は全く頼りにならなかったのでしょう。

2016年29歳となった現在も看護師になるトレーニングを受けています。

先ほどとは違うニュースソースなのですが・・・もう5年もトレーニングを受け続けています。受けることが生活保護の条件にでもなっているのでしょうか。残高27万円はそういうレベルでもあります。

2010年からの彼女のパートナーであるポールさんは消防士であり、彼女が宝くじの高額当選者であることを知らずに付き合いをはじめたといいます。

彼の同僚によってそのご知らされることとなるのですが、彼女は自分からそのことについて触れませんでした。

「子供たちが何か高価なものを欲しがるときは誕生日かクリスマスまで待つようにいいます。彼らが貨幣価値を理解して成長することに喜びを感じます。私は長年目的なしに世間を漂ってきました。今は仕事があり世話する家族があって幸せです。」

仕事があるといっていることがちょっと意味不明です。パートナーのことを言っているのでしょうか。私の英語力の問題でしょうか。

3億円当たってもゆうちょう銀行の普通預金では年間30万円にしかなりません。この額を普通預金する人はいないと思いますけれど。

2019年の彼女は貧困状態でかろうじて生きている

今彼女は32歳になっています。現在の年収は約140万円で家賃6万円のアパート暮らしをしています。

知り合いに勝手にデビッドカードなどを使われて、2000万円ほどの借金がまだ残っているそうです。現在は宝くじの年齢制限を18歳に引き上げる活動もしています。

彼女には知的障害をもつ子供が3人のうち一人おり、その子に特別にかかる教育費をなかなか捻出できないという悩みがあります。

高額の借金もありますから、生活は大変だと思います。

救いなのは彼女がお金持ちだった頃よりも今のほうが楽しいと言っていることです。

しかし、もし彼女が16歳でなく、身内の大人も賢ければ今のような状態にはならなかったのではないかと思います。

年間140万の収入で子供を3人育てながら(現在は恋人はおらずシングルマザー)2000万円の借金を返済することは不可能ではないでしょうか。

宝くじは貧者の税金とも言われています。一発逆転を狙ってつぎ込んでも当たる可能性は物凄く低く、当たってもキャリーさんのようになってしまうのなら幸せには端からなれませんね。

宝くじを買う行為には何の努力もいりませんから、お金だけ万が一得られたとしても人間を向上させる何かはまるで含まれていないのです。