生活保護の受け方申請の仕方。申請は難しくない全く恥ずかしくない!あなたの権利です。

コロナの影響で職を失ったり収入が大幅にダウンしたりすると低収入の人々から順番に貧困が襲いかかってきます。

貯金がないと家賃が払えなくなりホームレスになってしまいます。季節が冬ならそれは死を意味します。

日本国憲法第二十五条にはすべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。

とあります。つまり生活保護申請することは権利であり何も恥じることはありませんし、国はそのサポートをしないといけません。

生活保護申請の基準や条件どうやって受け取るのか

【基準・条件】

●住んでいる場所や家族の人数で決まる「最低生活費」を下回っていること。

最低生活費は居住地域や世帯の人数で変わるので「○○市最低生活費」などのキーワードで検索してください。

●理由があって働きたいが働けず収入がない

などになります。派遣切りにあい、住むところを追い出されて数百円~数万円の所持金で街に出ざるを得ない状態など当然生活保護対象です。

漫画喫茶などで寝泊まりし住居がない場合生活保護申請できないと誤解している人がいますが、住居を持たない人でも申請できます。厚生労働省のホームページにもそのように書いてあります。

住んでいる近くの自治体の福祉事務所にまず相談にいきましょう

住居がなくても申請できるので近くの福祉事務所というのは今いる場所の近くという意味になります。

厚生労働省が全国の福祉事務所の住所をPDFで公開しています。

生活保護申請に行ったのに追い返されてしまうというケースは昔から多くあります。一箇所でだめでも次の福祉事務所を訪ねてみるような諦めない気持ちも大切です。

下にも書きましたが生活保護申請を無料でサポートしてくれる団体もありますからお願いするのも良いです。彼らに横についてもらって一緒に申請すると物凄く申請が通りやすくなります。

生活保護で必要な書類は3種類

①生活保護申請書

②収入・無収入申告書

③資産申告書

プラス必要に応じて一時金支給申請書があります。

申請時にあったほうがよいもの(必須ではありません)
通帳、印鑑、本人確認書類、給与明細、など。

上記4枚は全て認定NPO法人・自立生活サポートセンター・もやいのホームページよりダウンロードすることができます。生活保護申請書ダウンロードはこちら

書類はダウンロードしなくても福祉事務所にあります。しかし申請書類を生活困窮者に渡さないという卑怯な水際作戦が展開されていることもあります。先にダウンロードして記入した上で持っていくほうがよいのかもしれません。

※書類が全て揃わなくても申請できると厚労省のホームページには書いてあります。

東京にいらっしゃる方はもやいが無料で生活保護申請に一緒についてきてくれるサポートを受けられるかもしれませんので一度相談なさってください。

【もやい生活保護相談日時】

【面談での相談】(東京都新宿区山吹町362 みどりビル 2F)
火曜:11時~17時

【電話での相談】
火曜:12時~18時 金曜:11時~17時
TEL 03-6265-0137

東京23区なら生活保護をFAXで申請できる

一般社団法人つくろい東京ファンド(電話番号03-5942-8086)は東京都内で生活困窮者の支援活動をおこなっています。活動資金はクラウドファンディングや寄付により賄っています。

そのつくろい東京ファンドは生活保護申請者に付き添う形で申請のサポートをしてきましたが、申請人数が多すぎて人手がたりないため、オンラインで記入からFAXで各福祉事務所へ送って申請という仕組みを作りました。

これであれば用紙をダウンロードした上でプリンターで印刷という住居を持たない人には敷居が高い行為もスマホ+フリーwifiで可能にすることができました。

詳しくは「フミダン」を御覧ください。

このようにスマホで入力していき最後にFAX送信できるようになっています。

生活保護を受けるデメリット

ローンは組めなくなります。車を手放さないといけない場合があります。仕事や介護で絶対に車が必要な場合は除きます。

新規クレジットカードは作れません。当然ですね。

生活が困窮していて生活保護費を不正受給しようと思わない限り、支援してもらえるのですからデメリットと呼べるようなものはありません。

そして他人に生活保護を受けていることは自分から言いふらさない限り福祉事務所はプライバシーを守りますのでバレたりはしません。

生活保護費を出すにあたって福祉事務所から親族照会がありますから、家族や親族にバレる可能性はあります。

親族照会(扶養照会)音信不通が20年から10年に短縮されました

親族照会とは生活保護を申請している人の親族が支援できないか確認をとる行為です。

これまでは20年親族と音信仏状態であれば親族照会は不要でしたが、2021年から10年程度音信不通であれば不要と改められました。

ですから10年以上親族と音信不通であれば親族にすら生活保護状態にあることがわかりません。

※夫のDV等から逃れて生活保護を受ける場合は親族照会されると居場所がバレてしまうためその旨をきちんと福祉事務所に伝えるかもやいなどにサポートしてもらい申請しましょう。

生活保護費自動計算ツール

令和2年度対応ですが、全都道府県に対応したオンラインで計算してくれるサイトがあります。

生活保護の自動計算サイト

このように県・市を入力してご自身の状況に合うものを選択していくと最終的にいくらぐらい受給できるかがおおよそわかります。

静岡県富士宮市で単身20~40歳で入力すると月額104040円とでました。
生活扶助が66840円、住宅扶助が37200円です。

権利は主張したり請求しないと勝ち取ることはできません。誰もがいつ何時にも生活保護のお世話になる可能性があります。そしてお世話にならないとしてもそのための税金を払っているのであります。

使途不明の官僚や政治家の私服を肥やすための税金はびた一文払いたくありませんが、本当に困っている人々を助けるための税金は皆必要だと思っているに違いありません。