世界の国債格付けランキング2019。気になる日本の位置

2019年2月9日

スタンダード&プアーズの国債格付けをAAAからBBB-まで

格付け機関はアメリカのS&P(スダンダードド&プアーズ)、ムーディーズ、米英フィッチレイティングス、カナダのDBRSなどがありますが、今回はスタンダード&プアーズの最新版(2019年2月)のものでみていきたいと思います。

世界のS&P国債格付けAAAの国々

人口、GDP、一人当たりGDPの順番です。

【ヨーロッパ】
スイス
840万人 65兆円 800万円

ドイツ
8200万人 360兆円 480万円

オランダ
1700万人 83兆円 480万円

デンマーク
570万人  29兆円 520万円

スウェーデン
1000万人 53兆円 530万円

ノルウェイ
500万人  39兆円 700万円

【北アメリカ】
カナダ
3600万人 165兆円 420万円

【アジア】
シンガポール
560万人 33兆円 600万円

【オセアニア】
オーストラリア
2400万 120兆円 500万円

国債格付けAA+およびAA、AA-の国々

【ヨーロッパ】
AA+オーストリア
880万人 40兆円 400万円

AA+フィンランド
550万人 22兆円 460万円

AA フランス
6700万人 258兆円 390万円

AA ベルギー
1100万人 47兆円  410万円

AA イギリス
6500万人 262兆円 420万円

AA-チェコ
1000万人  19兆円  180万円

【北アメリカ】
AA+アメリカ
3億2000万 1900兆円 580万円

【中東】
AA-イスラエル
860万人  29兆円 350万円

AA-カタール
270万人  16兆円 600万円

【アジア】
AA+香港
730万人  34兆円 480万円

AA 韓国
5000万人 140兆円 320万円

AA-台湾
2300万人  57兆円 240万円

【オセアニア】
AA ニュージーランド
470万  20兆円  410万円

AAAからAA-までにヨーロッパの国は12カ国も入っています。

日本と同じA+、A、A-の国債格付け国

【ヨーロッパ】
A+スロバキア
540万人 9兆円  170万円

A+アイルランド
470万人 33兆円 700万円

A+スロベニア
200万人 5兆円  230万円

A ラトビア
200万人 3兆円  150万円

A リトアニア
280万人  5兆円 170万円

A アイスランド
35万人  2兆円  700万円

A-マルタ
46万人  1兆円  270万円

A-スペイン
4600万人 130兆円 280万円

A-ポーランド
3800万人  52兆円 130万円

【南アメリカ】
A+チリ
1800万人  27兆円  150万円

【アフリカ】
A-ボツワナ
220万人   1兆円   80万円

【アジア】
A+日本
1億2600万人  480兆円 380万円

A+中国
13億9000万人 1200兆円 86万円

A-マレーシア
3200万人   31兆円 97万円

日本は韓国より格付けが低く、中国と同等のA+です。

ボツワナはアフリカでの格付け最高峰。安定した民主主義の国。

国債格付けBBB+、BBB、BBB-の国々

【ヨーロッパ】
BBB イタリア
6000万人  193兆円 320万円

BBB-ブルガリア
700万人    5兆円  80万円

BBB-ポルトガル
1000万人   20兆円 210万円

BBB-ハンガリー
900万人   13兆円 140万円

BBB-ルーマニア
1900万人   12兆円 100万円

BBB-キプロス
86万人    2兆円   250万円

BBB-ロシア
1億4300万 157兆円 100万円

【南アメリカ】
BBB+メキシコ
1億2300万  115兆円 93万円

BBB
ペルー
3100万人 21兆円 67万円

BBB-
コロンビア
4900万人 31兆円 63万円

【アフリカ】
BBB-
モロッコ
3400万人 11兆円 30万円

【アジア】
BBB+
タイ
6900万人  45兆円 65万円

BBB
フィリピン
1億400万人  31兆円 30万円

BBB-
インド
13億1600万 260兆円  19万円

BBB-
インドネシア
2億6000万  100兆円  38万円

Bまでくると一人当たりGDPが100万円に満たない国が
増えてきます。

国債の格付けは市場においてはそれほど重要視されるものではそもそもありませんし、格付け会社がアメリカの会社ということで自国に有利になるような適当な格付けをしている可能性が十分あります。

そのことは米国格付け会社が破綻したエンロンなどに高評価を与えていたことで裏付けられています。

しかし韓国よりも格付けが低いとなると大変気分が悪いです。