クレジットカード現金化 ナニワ金融道から学ぶ金融知識一覧 4巻 

2019年5月24日

キンドルアンリミテッドならナニワ金融道が読み放題です!

結婚式のご祝儀泥棒の巧妙な手口

先輩の結婚式の受付をしていた泥沼がご祝儀泥棒の被害に遭い、帝国金融に150万借りに来る話です。

披露宴参加者が一気に受付に集中するラッシュアワーでもたもたしているところに初老の紳士が現れます。

そのタイミングで「ご苦労様、お茶をよういしました」とお茶を差し入れたついでにさっと受付に入りヘルプします。

この時点で親族の関係者と誤解してしまいます。

一段落したあと、ノートに一覧表を作らせて祝儀袋に書いてある金額と現物が一致しているか確認するように言います。

袋の中に現金が入っていないこともあるから管理と確認はしっかりしないととアドバイスします。

ここで泥沼からの信用度も上がります。

そして泥沼のほうからちょっとトイレに行くのでみておいて欲しいと現金を置いたままトイレに行ってしまい、返ってくると初老の男は消えていました。

この場合は被害者である泥沼が自ら相手を信用し任せてしまいますので労なく泥棒できました。

そのようでない限り、アクションは泥棒の方からかけるのが普通です。

私が金庫に預けておく。○○さんがちょっと呼んでいたよ。など。

そのほか式場のスタッフを装ったり、新郎新婦の友人と嘘をついて一旦受付を交代したりなどという手口があるようです。

ご祝儀や香典を盗まれると受付が弁償しないと納まりませんね。

結婚式であれば新郎新婦のお母様に預けるのが一般的です。お母様に渡した後に盗まれても受付の責任ではありませんから。

こう考えると結婚式の受付は責任重大なのにリターンがほぼない仕事と言えますね。おめでたい席で考えることではありませんが。

クレジットカード3枚を担保に150万円を貸す

泥沼は2部上場の証券会社に3年勤続で借入履歴もなく、クレジットカード3枚を担保にすることと後で保証人を
つけることで150万円借りることができました。

ナニワ金融道は1990年代の漫画です。

今ではクレジットカードを担保に闇金やマチ金がお金を貸すというようなことはなさそうです。

そのような行為は割賦販売法に反し犯罪です。

銀行のキャッシュカードを担保に取る闇金は今もいるかもしれません。勿論犯罪ですし、そのキャッシュカードも
犯罪の闇口座として使われます(オレオレ詐欺などの口座)。

携帯電話を担保にした場合もその電話を犯罪に使われます。闇で売買されてしまいます。

会社の労働組合からお金を借りる

泥沼は帝国金融から高利の150万を借りる前に自分の会社の労働組合からお金を借りようとします。

しかし泥沼は勤続3年のため50万円しか借りれません。

労働組合も社員にお金を貸してくれますし、会社に労働組合がなくても社内貸付制度があれば条件はありますが
低い金利でお金を借りることができます。

条件とは正社員であることや勤続年数によって借りられるお金が各社において定められています。

この制度は福利厚生の一環として存在しますから、消費者金融などに手を出す前に検討してみるのも良いです。

ですが、注意点として申請して即日に貸してもらえるわけではありません。手続きで一週間以上かかるのが普通です。

クレジットカードで新幹線の回数券を購入して現金化

帝国金融に150万(利息込みで180万円)を返済しないといけなくなった泥沼は灰原に入れ知恵され、クレジットカードで新幹線の回数券を買い、金券ショップで現金化します。

クレジットカードのキャッシング枠はショッピング枠より小さいので借りられる額は少なく、ショッピング枠を利用しての現金化をします。

しかし現在では新幹線の回数券などを大量にクレジットカードで購入することはカード会社では規約違反となっています。

そんなことまでして現金が必要な人間は逼迫した状態であるので返済が滞る可能性大なのでカード会社も警戒しています。

このあと泥沼は合計7枚ものクレジットカードを作り、回数券の現金化で自転車操業を始めます。

現金化できて借金の返済に回せてもクレジットカードの請求は当然きます。その請求を他のクレジットカードを現金化して支払うという完全なる自転車操業。

帝国金融の借金は返済できても他の借金が余裕で200万以上になってしまいます。

現金の持ち合わせがないから借金をする。そして返済時も持ち合わせがないから他から借りて返済する。
これが借金が雪ダルマ式に増えていくメカニズムです。

金融1 金融2 金融3 金融4 金融5