育毛剤に無駄なお金をかけることをやめましょう。育毛剤貧乏

育毛剤は買ってはならないなぜなら毛は生えてこないから

世の中次から次へと様々な育毛剤が宣伝販売されていますね。しかし国内においてはリアップ以外の育毛剤には殆ど効果はありません。

リアップにしても有効成分のミノキシジルが少なすぎるのと頭皮に直接塗るタイプであるため、そこまでの効果は感じられません。

男性型脱毛症AGAであればAGAクリニックに行って薬を処方してもらうことでかなりの効果を期待することができます。

そこで処方されるのがミノキシジルやフィナステリドといった育毛に本当に効く内服薬です。それで診察台と薬のセットで月に2万円前後かかります。

薬を飲むのをやめると一旦生えてきた髪の毛も徐々に抜け元に戻ってしまいます。

月2万円を永久にとなると相当お金持ちの方でないときついのではないでしょうか。

AGAクリニックで処方されている薬を個人輸入する人が多い

AGAクリニックで処方される薬(ミノキシジルやフィナステリド)はネットで海外(インド)から個人輸入できます。ググれば見つかります。

AGAクリニックなんてマイクロスコープで薄毛診断して薬処方して月2万~以上ぼったくるので詐欺みたいなものです。

みなさんはフィナロイド(フィナステリド主成分)とミノキシジルの各100錠セットを6000円ほどで購入されています。ピルカッターで半分に割って服用しているので200日分です。

200日といえば半年以上です。それで約6000円。つまり一ヶ月1000円ですね。これなら全然経済的にも余裕ではないでしょうか。

みなさん効果には満足されているようです。勿論完全自己責任ですし、副作用も考えないといけません。すでに何らかの薬を服用しているのであれば、薬合併の副作用も自分で調べて飲むか飲まないか判断しないといけません。

しかし同じ薬を処方して20倍ぼったくるとは凄いビジネスであります。

AGA治療で月2万円なら10年で240万円かかる

育毛剤と違って効果はでるので(男性型脱毛症である場合)お金をどぶに捨てるということとは違います。

しかし同じ薬を自分で個人輸入すれば(業者を使って)月1000円で年間1万2000円。10年でも12万円です。

AGAクリニックにまで行こうと思いつめているのであれば、薬の個人輸入を考えるのも手ですね。良心的なところで月2万円前後とのことです。悪徳AGAクリニックにかかると月7万円とか言い出すところもあるようです。

育毛剤に月5000円使って10年ならば損失60万

育毛剤を使う場合は効果が全く期待できないので確実に10年で60万円をドブに捨てることになります。

完全なるお金の無駄なのでやめたほうが良いです。

たばこだって健康に悪いし高いし無駄だと思われていますが、喫煙者にはリラックスになりますし、吸っていて美味しく感じているのです。経済的にはとんでもない無駄なことですが、喫煙者は満足しています。

一方育毛剤は毎日必死に塗りたくるという労力をかけながら全く効果がないにも関わらず月5000円以上かかるという恐ろしい詐欺です。勿論使用者が満足する日は永久に訪れません。

60万円あれば海外旅行も複数回行けますね。独身であれば。

育毛剤を使うことだけはやめましょう。1mmも何の約にも立たないことに5000円以上使うのであれば、寄付したり誰かに奢ってやるほうが人を幸せにできる上に自分も良い気分になれます。

一番安上がりなのは堂々とハゲていること

ソフトバンクの孫正義氏が言いました。「髪が後退しているのではない。私が前進しているのだ!」

ハゲているという外見で人を判断するような女性をこちら側から避けることができます。人間的に魅力があればハゲていることなどたいしたことではありません。

太っているなら痩せることはできますが、禿ていることはAGAに行って高額治療する以外に治す方法はありません。

個人の努力しようのない外見にケチをつけたり嫌悪する人間はろくなものではありませんので関わらない方がよいですね。

そして禿をデメリットと考えずそのためにお金を1円も使わないのであれば、使った人と比べると大変な節約をできたことになります。