バーニー・エクレストンの娘ペトラ・スタントの大豪邸は離婚で更に高く売却成功

ペトラ・スタントが2011年に買った豪邸は85億円

豪邸というかお屋敷というかお城というかとんでもない建物ですね。窓だけで何個あるのでしょうか。

敷地面積5200平方メートル。部屋数124室、2レーンのボーリング場、ジムとスパ、テニスコート、プール2つ、贈り物を包むためのラッピングルームなるものもあります。

車は100台分収容可能。一説によるとワシントンDCのホワイトハウスよりも大きいとされています。

ペトラ・スタントのお父さんはF1を牛耳るバーニー・エクレストン

バーニー・エクレストン氏はイギリス人で元F1ドライバーですが、現在はF1を運営しているフォーミュラワン・マネジメントのCEOをしています。

2016年のフォーブス長者番付によると総資産額は3200億円となっています。

次女であるペトラさんの85億円などたいした額ではないように見えてしまいます。

2017年にジェームズ・スタントと離婚してペトラ・エクレストンに戻る

ジェームズ・スタント氏とペトラ・エクレストンさんが結婚したのは彼女が22歳の時で17億円かけて行われました。

アリシア・キーズ、ブラック・アイド・ピーズ、アンドレア・ボチェッリ、エリック・クラプトンらが歌を披露したそうです。勿論ギャラが発生しています。

ブラック・アイド・ピーズはギャラを2億円ほどもらったと言われています。

離婚の原因はジェームズのDVということになっています。

ペトラさんによるとスタント氏は彼女の財産を食いつぶす能無しだそうでして、ドラッグにも溺れ最低だったそうです。

車の販売や美術品集めをしているスタント氏ですが、ペトラさんによると美術品の偽物をレンタルして商売していると批判しています。

ジェームズ・スタントという人物は何で生計を立てているかよくわかりませんが現在は7億円ほど借金を抱えているようです。

85億で買った家を200億で売り出していた

こちらのビデオでかつて彼女が所有していた豪邸の内装などが見られます。

このロサンゼルスで一番豪華な家はもともとアメリカの脚本家であるアーロン・スペリング氏の持ち物だったようです。

人々が羨んだり嫉妬するような家をどうしてイギリスからわざわざ来て購入するのかというインタビューアーの質問に対して、一番の理由としては良い投資だからと答えています。

素晴らしい邸宅で未来の子供を育てたり、ロンドンから親戚が来る時に使えるからとも答えていますが、一番の理由は投資なのです。

離婚してこの家を売り出した際には200億円で、そしてそれを160億円などと徐々に下げていき、最終的には2019年に120億円で売りました。

200億円にはなりませんでしたが、120億で売ったことで購入時の85億円より35億円高く売れました。やはり最高の投資だったわけです。

世界の豪邸シリーズはこちら