アメックス・センチュリオンのクレジットカートを持つ人間の世界

アメックス・センチュリオンカードとは

上のアメリカンエキスプレスセンチュリオンカード(通称ブラックカード)の画像ですが、私の本名がばれると困るので、名前の所は消しました。ご容赦ください。

といつの日か言える日がくるでしょうか。やれるだけやってみます(笑い)

選ばれし者のみが持つことを許されるセンチュリオンカード。

もともとは米国のクレジットカード会社が発行しているアメリカンエキスプレス(以下アメックス)のゴールドカードが最上位カードでしたが、他社がまねをし始めて、その優位性が保持できなくなり、新たな上位カードとして1999年に誕生しました。

1999年といば欧州統一通貨であるユーロの導入が決定され年。またポルトガル領であったマカオが中国に返還された年でもあります。

アメックス・ブラックカードの年会費と入手方法

初年度が多めで90万円以上。その後は35万円以上のようです。

アメックス側からインビテーション(招待状)が送られてきてそれを受け入れた場合のみ入会資格を得られます。

普通、グリーンの一般カードからはじめて、ゴールド、プラチナ、ブラックと進んでいくようです。一朝一夕で得られるカードではないです。

アメックスは入会基準もカードホルダーの特典も一切公表していないので内容は世界のカードホルダーがネットに書き込みしたものだけが情報源になります。

日本においては年収1000万とか1500万以上と言われています。

国によってできるサービスは異なるためアメリカであるサービスが日本にはなかったりと情報が錯綜しており事実はベールに包まれています。

ネット上で見られるセンチュリオンカードホルダーの特典

プライベート・コンシェルジュというのがいて、色々な予約サービスなどを代行してくれる模様。

ノーといわないことをモットーとしているようですが、デスクは24時間対応ではないらしいです。

「コンシェルジュを24時間対応にしてほしいのですが?」

「ノー」

言ってんじゃん!(笑)

飛行機のアップグレード、ホテルのアップグレード等で十分元がとれるという書き込みが目立ちます。

エコノミーがビジネスクラスに、ビジネスがファーストクラスへと空きがあればアップグレードされます。

最初からファーストクラスを利用した場合のアップグレードはどうなるのでしょうか。美人キャビンアテンダントの御膝の上とかでしょうか。うらやましい限りですけど、奥さんや恋人同伴の時は困りますね。

ですが、日本人が一番納得する「皆様そうされています!」の一言を添えて頂ければ安心ですね。

必見!垂涎の究極のアップグレード

メガコングロマリット、ヴァージングループ創設者リチャード・ブランソン氏のメガアップグレードはこんな感じなんですね!

これはもう是が非でもアメックスセンチュリオンカードを入手しなければなりませんか!?

すみません。ちょっとでもふざけないと呼吸困難に陥る持病を患っていまして・・・

でもリチャードブランソン氏のお母様はスチュアーデスをされていたそうですから思い入れもあるに違いありません。

そしてブランソン氏はカリブ海にプライベートアイランドを所有されています。

プライベートビーチくらいは私も聞いたことがあるのですが、プライベートアイランドとはなかなかのものです。

プライベートアイランドで性奴隷を買っていたジェフリー・エプスタインの記事はこちら

センチュリオンカード保持者はプライベートジェットも持っている?

上の画像はガルフ・ストリーム4です。

アメリカジョージア州にあるガルフストリーム・エアロスペースがガルフストリーム4を生産していたのは2002年まで。

しかし現在でもこの機体は人気で中古で10億円とかで購入して内装にさらに数千万円から億までつぎ込んで自分の好みに仕立て上げるようです。

プライベートジェット内装画像あれこれ

ベージュを基調としワンポイントでブラックをいれ嫌みのない上質感を演出しています。黒い鞄に引っ掛けてあるマフラーまでベージュなのはちょっとあざといです。

幅がせまいので小型ジェットですね。アラブの金持ちの子息がパパにおねだりして買ってもらった風です。若者テイストで私の趣味にあいません。

買えもしないのに私のテイストなんてどうでも良いですね。

ゴージャスなのは分かりますが、黒基調は落ち着きませんね。プライベートジェットの上でも仕事をせねば!感が出ている気がします。

逃げ場のない空の会議室。
「売上が悪いじゃないか!今すぐ外回り行って来い!」
「ヒー、ここからですか?」

なんということでしょう。ウナギの寝床のようだった空間が匠の技で一気にゴージャスに!

プライベートジェットの内装を凝りまくるとどうなるか

内装の金属類にプラチナやシルバー、ゴールドを使う。最高級の布類。トイレカバーに鰐皮。大型シアター。1ドル100円換算でお値段3億2千万!

新品のガルフストリーム5の値段は40~50億。内装に3億は全然余裕なレベルですね。

というわけでして、私が宝くじを買わないわけは一等が当たっても何のたしにもならないから、というエントリーでした。

堅実に生きるのが一番ですね。

アメリカのクレジットカードの実態