NHK解約時にナビダイヤル(0570)でぼったくられないようにしよう

2019年5月31日

金融リテラです。こんにちは。

現代において無駄にお金を搾り取られるシステムが横行しています。もちろん消費者側として。

国民は悪徳NHKに対してもっと怒るべきです!

NHKのストックビジネスはうまみがありすぎる

ストックビジネスというのは一度契約すると月ごとなどに自動的に利益を生み続けることができるビジネスモデルです。

例えばインターネットのプロバイダーと一度契約すると月々料金が発生しますし、一旦契約すると引越しでもしない限り契約解除はなかなかしませんよね。

携帯電話の契約も同様です。

インターネットのプロバイダーと大手携帯電話キャリアは「既存の顧客を大切にせず蔑ろにする」という特徴を持っています。

新規の顧客に対しては様々なお得なプランを提示しますが、ずっと利用してくれている客に対しては解約時にのみ
こんなプランもあります!と契約続行させようとします。

釣った魚に餌は与えない悪い男のようです。

ぼったくられながらもサービスは利用させるストックビジネスです。

一方ユーキャンやベネッセなどの通信教育ビジネスはやっていなくても毎月教材が送りつけられるので、使っていないのにお金だけ定期的にむしりとられている人も多いことかと思います。

ストックビジネスに関する書籍はこれ

希望していないものから料金を徴収する最強最悪のストックビジネスNHK

その手法は悪魔的です。望んでいないものにも勝手に電波を流してほら金払えや!ですからね。

NHKを全く見ていない人で料金を払いたくない人からも強制的に支払わせる。

こんなビジネスなかなかありませんよね。

さすが平均給料1000万超えです。

さおだけ屋だってこちらが欲しいという意思を見せてはじめて接触し、とんでもなく高価なものを買うまで
居座ります。(すぐ警察に連絡しましょう)

まあ視聴料ではなく受信料だからできる技なのですけれど。国営ではないにしても国の後ろ盾はあるわけですし。
うまみしかない!

最近ではワンセグスマホ払え払え事件などそのわがまま加減はもう子供です。

改正放送法が2019年5月に成立

これによりNHKのテレビ放送がインターネットで同時配信できることになりました。

つまり常時リアルタイムでNHKの番組がパソコンやスマートフォンでも視聴できるということになります。

ですからワンセグスマホに限らず、全てのスマホ、そしてパソコンを所有している人でたとえNHKを全く見ない人にも受信料を払えと言ってくることになります。

なぜNHKは放送にスクランブルをかけないのか

国民の8割がNHKにスクランブルをかけてもらい、料金を払っていない者は放送を見られないようにして欲しいと
思っています。

ですが、そんなことをしたら顧客の8割を失うことになるのでそんなこと絶対にしません。

法律でスクランブル放送を義務化してもらうほかありません。

NHKの解約方法を公式ホームページで調べるとNHKふれあいセンターに流される

NHKふれあいセンターの電話番号は0570で始まるナビダイヤルと呼ばれるものです。

NTTコミュニケーションズが企業向けに提供しているサービスです。

企業へのメリットはコールセンターを移転しても一つの電話番号で全国対応できること。一つの番号から各コールセンターに割り振りをするわけです。

利用者はダイレクトで繋がらないので案内を聞いて目的に応じてダイヤルプッシュなどをして繋がるのを待つことになります。

そしてその利用料金は通常より高い。固定電話ではさほどでもありませんが、携帯電話からかけるとびっくりする請求書がくるとのことです。かけ放題などのプランもナビダイヤルは適用外とのことです。

なぜに企業の利便性を利用者が金銭負担しないといけないのでしょうか?

ふれあいセンターはNTTが一番儲かるわけですが、導入の見返りとしてNHKもキャッシュバックを当然受けているかもしれませんね。

というわけでふれあいセンターはぼったくりセンターであり、間違えても携帯から電話してはいけません。

固定電話からもかけてはいけません!

解約は地方局に電話するのがベスト

そしてお住まいのお近くのNHKに電話して解約書類を送ってもらうのが金銭的にはベストの方法です。

ふれあいセンターにはガイダンスが流れた瞬間から課金されますし人間にはなかなか繋がらないという苦情がネットのあちこちで散見されます。録音音声と触れ合えとでもいうのでしょうか。

チリも積もれば山となるですから、金融資産を築く時には公式の情報を鵜呑みにしないで一歩深く調べる癖が不必要な出費を防ぐことに役立つと思います。

どの分野でも実際にやってみて困った経験をした方が解決策をブログなどで公開してくれています公式よりも一般の方に聞け!ですね。

私も世帯同居のための解約を地方局に電話して実行しました。

最初に書くと解約届けを送ってもらう必要もなく、その電話で解約が完了しました。

返金の銀行口座を言わないといけないとネットに書いてありましが現在の引き落とし口座に返金されるため、身元確認後ですから口座番号も聞かれませんでした。

職員の対応もすこぶるよく、何の問題もなく契約解除できました。

これは世帯同居の解約であるからかもしれませんが。参考になればうれしいです。

NHK不要論。早急な解体を求める国民の声

NHK批判本は数多く出版されています。面白そうなものを少し見てまいりましょう。

NHKの正体―情報統制で国民に銃を向ける、報道テロリズム

NHKの偏向報道の仕方は訴訟にまで発展したJAPANデビュー事件のものについて詳しく書かれています。

そのシリーズ番組のオープニングでサブリミナル効果まで使って国民を洗脳しようとしました。反日報道、自虐史観、天皇批判こんな放送局は日本にいりません。

NHK捏造事件と無制限戦争の時代

国際問題アナリストの藤井厳喜氏の御本。

こちらの捏造事件もJAPANデビュー問題ですが、歴史を深く掘り下げながら誰にでも分かるよう絵も多用して
伝えてくれています。

NHKは中国共産党の影響下にあることを暴露しています。

大陸、朝鮮半島を向いているNHK。在日中国人、朝鮮人の犯罪者を本名ではなく通名で報道するNHK。

今いるお年寄り連中がボケたりなくなったりしたら国民からNOを突きつけられるでしょうね。

ついにNHKから国民を守る党まで出現

N国とか書かれるとノースコリアの北朝鮮か?と一瞬ドキっとするのですが、NHKから国民を守る会の略称です。

党代表で元NHKの職員だった立花孝志氏のN国の目標は只一つ。

NHK放送のスクランブル化をすることだけです。この目的を達成したならば党を解体してパチプロに戻りたいという大胆な発言をしています。

立花氏がNHKを辞職したのはNHKの不正経理を週刊文春に告発したからなのだそうです。

トラブルを撒き散らしながら前進している立花氏はなにかヤ○ザのような雰囲気を醸しだしていますが、彼のような人物が選挙にでるきっかけになったのはNHKとずぶずぶな自民党だと思います。

安倍チャンネルなどと揶揄される所以でもあります。

NHKを国民から守る党がまともであるとは到底思えないのですが、これほど注目を集めるのも国民の不満の高まりはもう無視できるレベルではないことを物語っています。

NHKは犯罪者集団なのか?多すぎる不祥事

本当にNHKは不祥事が多すぎます。2000年代のものだけを調べたのですが大量すぎて整理するのが大変でした。

契約社員が行った犯罪や飲酒運転などの軽度の違反は割愛しました。

プラス多すぎるので途中で嫌になってしまい完全ではありません。
すみません。

性犯罪 セクハラ 窃盗 薬物乱用

2006年 NHKエデュケーショナル在日社員 16歳の少女にみだらな行為をし児童買春禁止法違反で逮捕。

2006年 NHK職員、JR総武線の車内で男子大学生の下半身を触り京都迷惑防止条例違反容疑で現行犯逮捕。

2007年 おはよう日本アナウンサーが渋谷区の路上で女性の胸を触って現行犯逮捕。

2007年 NHK制作局青少年・こども番組部ディレクター、東急田園都市線二子玉川―渋谷駅間の電車内で女子高生に痴漢行為を働き同女子高生に取り押さえられ御用。

2008年 NHKさいたま放送局地域スタッフが覚せい剤取締法違反で逮捕。

2009年 高知放送局職員が高知市内のコンビニで女性のスカート内を盗撮。書類送検、諭旨免職。

2011年 アナウンサーの登坂淳一氏がNHKローカルの新人アナの胸を

触りスカートめくりもするセクハラでプライムニュースから降板。

2012年 おはよう日本の専任アナウンサーが東急田園都市線の電車内で女子大生の胸を触って現行犯逮捕。

2012年 NHK編成局ディレクター渋谷区の自宅に覚せい剤所持

2014年 NHK旭川放送局の職員が出会い系で知り合った17歳の無職少女の財布から3万円を盗んで逮捕。
援助交際をしている子から金を奪ったということですね。鬼畜すぎ。

2017年 山形県のNHK記者  山形県と山梨県で女性3人を強姦。

2018年 おはよう日本のチーフプロデューサー京王井の頭線下北沢駅で20代女性のスカートの中を盗撮して逮捕

NHK職員による汚職・着服・横領

2004年 紅白歌合戦担当プロデューサーの制作費不正支出。

2004年 不祥事で参考人として国会に呼ばれた海老沢勝二会長の答弁をNHKは国会中継しなかった。これをミスとする盗人猛々しいNHK。

2008年 NHKの記者3人が放送前の情報を元に株のインサイダー取引で懲戒免職。

2008年 特殊法人NHKは法人税を納めていないが支払い義務のある所得税も3年間で13億円も申告漏れ。

2009年 NHK退職者の企業年金の不足分2640億円を受信料で補填する。やっていい事と悪い事の区別がついていないのではなくつける気が最初からないようです。

2017年 NHK子会社の利益余剰金が合計948億円にものぼり検査院が適切に監督するよう要求される。

勿論悪い事をせず普通にまじめに働いてる方もらっしゃるとは思います。

国民の信頼が地に落ちている事をきちんと自覚して建て直しをするならして欲しいです。

NHKに限らずテレビはもう終わったコンテンツ

時間がたっぷりあってすることが何もないご老人にだけテレビは利用される価値があります。

現代人は決められた時間ではなく、好きな時間に好きな物が見たいのです。

そしてコマーシャルなどで中断されたくない。

知りたい情報は今すぐ知りたい。

ダイレクトにためになる情報をゲットしたいのです。

答えはCMの後で!とか情報を小出しにされるのを嫌いますし、お馬鹿タレントの珍回答に付き合う時間は無駄だと考えています。

バカな芸能人たちのクイズ形式での進行など見たくない。

優良な情報を得る手段としては冗長で効率が悪いので見向きもされません。

エンターテイメント的にもユーチューブなどに負けています。

まさにオワコンです。

 

金融リテラシートップページ