スポンサードリンク



iPhonex 分割審査落ち。日本もアメリカ並のローン社会に入ったのか

新しい機種が出るとすぐ飛びついて買えるお金持ちが
大勢いらっしゃっていいなーと思っていたのですが
どうやらそうでない人もいるということが判明しました。

iPhone xの分割払いの審査が通らない人がいることに
驚きをかくせません

iPhone xは10万円を超えているために割賦審査が厳しくなっていて
通らない人が続出しているとのことです。

過去に何かしらの未払いがあるとか年収が低いなど信用に問題が
ある人達が審査に落ちています。

審査に通る方法を指南しているサイトがたくさんあります。

私が驚いているのは審査の通らない状況で10万もする
新しいスマホを買おうとしていることです。

もっと安いスマホの選択肢がたくさんあるにも関わらず。

学生さんでアルバイトしか収入源がないと審査通らない
そうですが、社会人で審査通らない人は問題外です。

審査に落ちるのなら分割で物を買う行為を諦めないといけません。
10万ちょっとのものを一括で買えないというのは貯金が
ないことを意味します。

私は仕事でパソコンがどうしても必要なので20万くらいのものを
何台も換えてきました。これは仕方がありません。
それでも分割では買っていません。

賢いお金持ちは新製品に飛びついていない

お金がたくさんある人はいくらでも新しい機種に買い換えても
問題はないと思います。

しかし私の知り合いの金持ち社長は2万円ほどのスマホを
2年おきに買い換えています。その買い方が一番コスパが
よいそうです。

10万で買ったiphoneを10年使う人はいるでしょうか?
でも、2万のスマホをん2年おきに買い換えると5年で
10万円です。しかもいつも新しいです。

バッテリーは2年でだめになるケースが多いですよね。
安いスマホを2年で回すのは理にかなっています。

新品など買わず、税金対策のために4年落ちのベンツを
買う行為と似ています。

そして高所得者ほど格安SIMを使っているそうです。
知り合い社長も早くから格安SIMです。

つまり貧乏人ほど無駄なものにお金を使っているということ
になってしまいます。

金持ちは物を道具として使います。
貧乏人は物を見栄として使います。

極端な言い方をするとiphoneの10万円スマホは
貧困ビジネスです。

最新のスマホを持っていることが若い人々の
唯一のアイデンティティーなのか?

最近の若者は・・・なんて言いたくありませんし、
若い方でもしっかりしている方が大勢いらっしゃることを重々
分かっています。

けれども少なくともアイフォンの審査に落ちて騒いでいる人は
どうなっているのかと思います。

10万ちょっとのものを分割でしか買えないのに危機感なく
裏技を使ってでも手に入れようとする姿勢。

狂気としか思えません。

その十万円の投資があとでリターンとなって返ってくるなら
ローンでもなんでもして手に入れる価値はありますが、
スマホに10万の価値なんてそもそもないと思っています。

その10万のスマホでゲームをやって課金していたら
目も当てられません。(お金持ちなら全然OKですが)

なにかアップルとゲームアプリ会社に搾取されるために
生をうけたような切なさを感じてしまいます。

加えてそんな若者の中に奨学金で大学をでていて
返済義務がある人が含まれているのであれば
人生詰んでいるとも捉えられます。

直ちに生き方を見つめなおす必要があると思います。

なんとかなると思っていらっしゃるかもしれませんが、
たいていの方はそんな状況に陥らないためになんとか
してきた人達なのです。

香港でiPhone Xが売れていないというニュース

経済好調の香港でも庶民までその恩恵はやはりトリクルダウン
していない模様でアイフォンXの売れ行きも芳しくなく、
在庫山積みとのことです。

どれだけディスプレイが良くなろうがそれでみているのが
画像の悪いユーチューブだったりだと意味がありません。

カメラの機能ももう十分でこれ以上上がるメリットが
考えられません。

認証が顔認証になったからといって10万円超える価値が
あるのでしょうか。

先進国の経済の先行きは軒並みに悪く、価値のないものに
大枚はたけなくなっているのが実情ではないでしょうか。

賢い消費者になることがお金持ちになるために必要不可欠な
要素であります。

ファーウェイ締め出しからのアップルショック

アメリカのファーウェイ締め出し令によって中国でアップル社の
スマホの売れ行きが鈍化し、アップルの株価も暴落しました。

世界のスマホ市場も頭打ちしているようです。

最新のスマホに10万円も出す時代じゃなくなってきている証拠です。

値段に見合う価値のない品物にお金を出すことは賢い
選択とは言えません。

スポンサードリンク



ソーシャル

金融知識をシェアする