スポンサードリンク



金融商品取引法違反容疑でカルロス・ゴーン日産会長が逮捕の背景にあるもの

カルソス・ゴーン億単位の報酬過小申告の疑い

横浜市が本社の日産自動車株式会社の会長であるカルロスゴーン64歳が
東京地検特捜部に逮捕されました。容疑は金融商品取引法違反です。

フランスルノーの株価も6%落ちたということで世界的ニュースに
勿論なりそうです。

日産自動車のゴーン会長逮捕後の会見まとめ

出席者:代表取締役社長 西川廣人氏

非常識な時間(2018年11月19日、月曜日22時)の会見で申し訳ありません
との挨拶から始まりました。

カルロス・ゴーン会長について社内調査の結果3つの重大な不正が見つかった。
1)開示される自らの報酬を少なくするため実際の報酬額よりも減額した
  金額を有価証券報告書に記載したという不正行為。
2)目的を偽って私的な目的で当社の投資資金を支出したという不正行為。
3)目的を偽って私的な目的で当社の経費を支出したという不正行為。

会社として断じて容認できない。よって解任を提案する。

22日木曜日に取締役会を招集しカルロス・ゴーン氏の代表権と会長職を
解くことを提案する。

本事案の首謀とされている代表取締役のグレッグ・ケリーの代表権も解く。
事案の内容の詳細は特捜部の捜査の兼ね合いもあるので西川氏から語れることには
限界がある。

内部調査の内容を検察にも報告し協力して捜査をしてきた。
株主、関係者の皆様に多大な迷惑をかけたことをお詫びします。

といいながらもこの西川社長の2017年の年収は約5億円。
その年は日産の無資格検査の不正があった年。

ゴーン氏が就任して以来の19年間で日産で積み上げた財産も
あり社員の努力の結果2000年代にリカバリーしてきた。
と西川社長。

厳粛かつ沈痛な面持ちで粛々と会見を続けていく西川社長ですが、
何か被害者面している感じを私は受けてしまいました。

実際に記者にもクーデターではないのかと質問され西川社長は
それを否定しています。

カルロス・ゴーン氏やグレッグ・ケリー氏らを負の遺産呼ばわれ
することに彼らの肩を持つわけではありませんが、違和感をどうしても
感じてしまいます。

日産が司法取引をした可能性も否めません。
ゴーン氏を差し出すことで日産への何らかの罰則を軽減してもらう
ことも十分ありえます。
追記:司法取引は実際に行われたとのことです。

カルロス・ゴーンはフランス政府にはめられたのか

カルロス・ゴーン氏はフランスルノー、日産自動車、そして三菱自動車工業の
3社もの会長をしています。三社合わせて合計役員報酬19億円越えとのことです。

現在の住居は東京にありますが、国籍はブラジル、フランス、レバノンと
3つも持っています。

人種はレバノン人となっています。

フランス政府はルノーの株主となっていて、自国の経済活性化のために
日産とルノーの経営統合することに期待を寄せていました。
勿論日産の傘下にはいるのではなくルノーの傘下に日産を入れたいわけです。

カルロス・ゴーンが逮捕されて日産、ルノー、三菱の3社を同時に束ねる者が
いなくなればフランス政府が日産に経営介入できるきっかけが出来たのと
同じです。

フランスのマクロン大統領は事実関係の確認を急ぐとともにこの件に関して
注視していくとのこと。内心大喜びかもしれません。

というのもマクロン大統領には日産を支配することで工場をフランスに置いたり
して経済を回したり雇用を捻出したいという思惑があるからです。

ルノーと経営統合することで日産の独自性が失われるということで日産側は
フランス政府の意向に賛同できませんでした。

日産三菱とルノーとの狭間で身動きできにくくフランス政府の要望に迅速に
対応できないのであれば、ゴーンなんていらない!というわけで
フランス政府からのなんらかの攻撃で今回の事件がおきたということも
考えられると思います。

そのような可能性もあるのだとしたら、クーデターとか言ってる場合ではなく
フランスに吸収合併されて日産がなくなるようなことにもなりかねません。

国際経済戦争といえなくもありません。

日産自動車はこれからどうなっていくのか

今回の金融不正で逮捕はされてしまったもののカルロス・ゴーン氏がCEO
となり日産リバイバルプランを遂行した結果、2兆円近くの有利子債務を全て
払い終え倒産の危機を回避した事実は変わりません。

西川社長は日産生え抜きの人物ですが、独自性にこだわるあまり旧体制に
傾くようであれば会社も一気に傾く可能性もあります。

言うまでもなく自動車産業はもはや国内向けに生産しても全く儲からなくなっています。
日本市場は全くうまみがありません。世界戦略に長けていたブレーンを失うことは
大きな痛手と見ることもできます。

日産自動車のこれからに目を外せません。

それにしても人間という生き物は一体いくら稼げれば満足できるのでしょうか。
世界のCEOの役員報酬も15位あたりから年間50億円を超えてきています。
3社もまとめているのに年間20億程度では満足できなかったのでしょうか。

スポンサードリンク



ソーシャル

金融知識をシェアする