スポンサードリンク



仮想通貨国内おすすめ取引所が一つ減りそうな状況。コインチェックゴックス騒動。

国内にも海外にも仮想通貨の取引所がどんどん増えています。
ブロックチェーン技術が日々発達するにつれてフィンテックの
未来も期待されています。

しかし株やFXと違い、現時点では仮想通貨はまだまだ実体の
ともなわないものなので崩壊してしまう恐れはついて回ります。

全財産をつぎ込むような危険な真似をせず、

アセットアロケーションの一部として運用されることを
おすすめします。

国内おすすめ仮想通貨取引所

仮想通貨取引所ザイフ

nem(xem)を中心としてビットコインや各種トークンを扱っています。
ブロックチェーン技術の開発をしているテックビューローという会社が
運営しています。

最近では日本発のICOプラットフォームでCOMSAプロジェクトを出した
ことで話題になっています。

私はコムサトークンを購入するためにザイフに登録しました。

セキュリティーは自社の技術を使っているので安全なのでしょうが、
いかんせんサーバーが弱く、取引が集中するとすぐダウンして
しまいます。

ですがここでしか買えない割安なトークン等もあるため
長期で運用する押さえとして登録する価値は十二分にあります。

ザイフにもチャットがあり、コインチェックとは違って参加者が紳士的
な方が多いですし、分からないことを質問すれば比較的正しい返答が
なされます。

コインチャットだと嘘や冗談で返されることが多いです><

優秀な情報をチャットでこちらが流すと、最近高騰して話題になった
モナコインやぺぺキャッシュなどのおひねりがお金持ちの
参加者の方から頂けたりもします。

このような機能は大変うれしいです。

Zaif仮想通貨取引所

ビットフライヤーやその他の仮想通貨取引所

ビットフライヤーはCMも流しているので有名です。
私は使っていないのですが、サーバーが若干重めなようです。

ですが大手ならではの安心感があります。
しかもビットフライヤーはアメリカ、そしてヨーロッパにも進出
しています。

コインチェックのようなセキュリティーの甘さがあっては
海外には決して進出できません。

国内ではビットフライヤーがやはり最強でしょうか。

私は残念ながらコインチェックを国内取引所ではメインで使っていました。
口座には日本円で5000円だけです。ほとんどのコインは海外の取引所
にあります。5000円は出金できない状態です。

今からビットフライヤー登録してきます。

あとGMO-Z.comコイン株式会社ビットトレードなどの国内業者があります。

しかし基軸通貨であるビットコインを売買する以外、国内取引所を使う意味は
あまりありません。

ビットコイン以外の仮想通貨を買う場合、スプレッドが以上に大きく
物凄く損をしてしまうからです。

ビットコインをレバレッジ最大25倍で取引したいかた

ビットコインを10倍にするようなことは価格的にもう難しく
なってまいりました。

ですから見込みのあるアルトコインを血眼になって探そうとしている
人が大勢います。私もその一人です。

FX(外国為替証拠金取引)でも仮想通貨取引でもレバレッジを大きく
して取引することは大変な危険をともないます。

ですが、それも魅力の一つであることは否定できません。

QUOINEXはレバレッジ最大25倍

資産と勇気が大きい方はチャレンジしてみてもよろしいのでしょう。

コインチェックとザイフ、ビットフライヤーがあれば後は海外仮想通貨取引所へ

海外の取引所と聞くと怪しげに思ったり、英語が分からないと無理とか
考えてしまいますが、そんなことはありません。

世界的に大手で日本人も多く参加している取引所であれば安心です。

私が使っている海外取引所は
BITTREX(ビットレックス)とBITFINEX(ビットフィネックス)の2社です。

BITTREXは取り扱い通貨が大変多く、サイトも使いやすいです。

BITTFINEXはIOTAという注目のIOT(internet of thing)関連の
仮想通貨を扱っているので口座を開きました。

IOTAは一定額いれて放置していたら3倍になっていて嬉しいです。

Poloniex(ポロニエックス)という大きい取引所もあるのですが、
私には使いにくいのでビットレックスに乗り換えました。

最近ではトロン(TRX)を買いたいために香港のバイナンスという
取引所に登録してトロンを購入しました。
バイナンスについてはこちらで詳しく書いています。

国内外仮想通貨取引所登録のまとめ

ビットコインだけで勝負するなら国内の取引所だけで完結します。
ビットコイン建てで他の仮想通貨の取引もしたいのであれば
国内、海外両方の取引所で口座を開きます。

海外の取引所を使う流れは、国内取引所から海外取引所へビットコインを
送金(ほんのちょっと送金料をとられます)。

海外取引所で他の仮想通貨を送金したビットコインで買います。
利益を確定したい場合、利益の出た仮想通貨を売ってビットコインに換え、
そのビットコインを日本の取引所に送金し、そこで円に換える
という流れになります。

この記事があなたのお役に立てたならうれしゅうございます。

コインチェックはゴックスするか

2018年1月27日現在、コインチェックから600億円近くの
ネムがハッキングされた模様です。私のお金も小額ですが、
返ってくるかわかりません。

アメーバTVで記者会見があるとのことで、食い入るように見ていましたが、
検討中の連発でどうにもこうにも埒があきません。

ネムだけで被害が済むのか、それとも他の全通貨に対しても返還されないのか
全く分からない状況です。

追記:総額5億2300万XEMを26万人の保有者に1XEM88円換算で
   日本円で変換するとの発表がありました。

私は国内ではここをメインに使っていました。
サーバーが強く、大事な取引中にサーバーがダウンした経験が
ありません。それがハッカーにとっては付け入る隙になったのかも
しれません。わかりませんが。

国内仮想通貨取引数が第一位となっている国内大手です。
取り扱い仮想通貨数も1位となっていて2017年現在

ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、イーサリアムクラシック(ETC)
リスク(LISK)、ファクトム(FCT)、オーガー(REP)、モネロ(XMR)
リップル(XRP)、ジーキャッシュ (ZEC)、ネム(XEM)、ライトコイン(LTC)
ダッシュ(DASH)、ビットコインキャッシュ(BCH)と全14種類もの
仮想通貨を取り扱っています。

しかし、ビットコイン以外のスプレッドは非常に高く、実際にビットコイン
以外を取引している人は新規参入者だけだと思います。

ここでビットコインを買って、海外の手数料の低い取引所を使うというのが
正しい使い方だと思います。

チャットがあり、他の仮想通貨取引参加者と意見を交換できますが、
玉石混交で圧倒的に石が多く、ポジショントークに終始されている方や
買い煽り、売り煽りをする方も多く、鵜呑みにするのは大変危険です。

上の画像の赤丸部分がチャットです。
自分の取引でどれくらいのビットコイン量でどれだけ稼いだかを
誇らしく貼り付ける人も居て他人のトレードを拝見することが
できたりします。

用語や基本情報を得るのはいいですが、くれぐれも自分の判断で
投資しましょう。

以前書いた情報ですが、昔感じたことをそのまま掲載しておきます。

コインチェックに預けておいたお金が返ってくるかどうかは今後
明らかにされます。待つしかありません。

複数の通貨に対応しているこのハードウォレットは必需品です。
そして絶対に正規品を買うべきです。アマゾンでは
買わないほうがいいです。

↓正規代理店へリンクしています。



今後売り切れ続出が予想されます。お早めに。

スポンサードリンク



ソーシャル

金融知識をシェアする