スポンサードリンク



マスコミが流したい金持ちのイメージと真の金持ちは同じではない。

お金持ち、うらやましいですよね。でも冷静に考えると
何がうらやましいのでしょうか。
金融リテラです。お疲れ様です。

一般の人はお金持ちのイメージを何から得るかというとマスメディアです。
なかでもテレビの力は絶大です。映像で見ることができますから。

メラビアンの法則というものがあります。
人間が影響を受けやすいのは視覚情報からが一番多く全体の55%なんだそうです。
言語情報がわずか7%、聴覚情報は38%。

テレビ映像がどれだけ人を洗脳するのに役立っているかわかります。

テレビで見るセレブやお金持ちは本当の
資産家のイメージからは遠い?

テレビに登場するバブリーなお金持ちの皆さんはその派手で人目を引く
お金の使いっぷりを広告として自らをブランディングしている方も
多くいらっしゃるように思われます。

タワーマンションに住み、高級外車を乗り回し、高級レストランで
食事をする。これらの分かりやすいお金持ちイメージであれば
注目を浴びますし、広告費として効果も出て、自身のビジネスだったり
を拡大させることに成功します。

自身のライフスタイルが広告となりそれにより経済効果が得られるので
大変お得といえます。

しかし、それを見た一般視聴者さんが、私もあんな素敵なブランドのバッグ
が欲しいとか、俺もあんな外車に乗りたいと背伸びして清水の舞台から
バンジージャンプするようなことがあると、一生お金持ちには
なれないかもしれません。

最近ではSNSを利用して、一般の人々も自らをブランディングし
特に女性は「キラキラ化」し、お洒落なレストラン、ホテルのラウンジ、
海外旅行、お洒落な服や鞄のアピールが激しく、あなたもこのビジネスを
はじめませんか?的な手法も誰から教えてもらったのか流行しています。

港区女子なんて言葉ももてはやされております。

高額塾に入って塾長の指示に従っていると思うのですが、そうやって
浪費しキラキラに見せかけているだけで儲かっていないケースが
続出しています。

結局儲かるのは塾の主催者だけなのです。

一点豪華主義は時により貧乏が際立つ恐れもある

本人さえ好きでそうしているのなら誰も口を挟む権利はありません。
ですが、野次馬根性で敢えて挟んでみましょう。

例えばよれよれのスーツに同じくよれよれのネクタイで、
靴は磨かれていなく、靴底は減っている。このようなスタイルに
高級腕時計は合うでしょうか。

ピカピカに磨かれた高級外車ですが、止めてある場所はボロアパートの
屋根なし駐車場。本人が住んでいるのですが、ご近所さんからは
そこに美しくて貧しく若いお嬢さんがいて、外車の持ち主が
囲っていると思われていたり。

憧れの外車を買うために、もやしとインスタント麺で節制して
やっと手に入れたという話をきいたりします。

それはそれで本人さえ満足なら本当に結構なお話なのですが、
周りから、奇異の目で見られることだけは覚悟しておかねば
なりません。

見分不相応な身なりや生活はどうしてもアンバランスで時には
見苦しい気分に相手をさせることもあります。

また女性であれば、小さくて何も入らずバッグとしての機能に乏しいものに
アクセサリーとして高いと100万ものお金をかける価値が本当に
あるのでしょうか。

商品の機能と価格、そして所有することの物理的メリット(優越感を除く)
があるのかどうか見極める能力が必要です。

最近ではブランドバッグレンタルが流行っているそうですが、購入するより
はずっと経済的で賢い行動だとは思います。

ですが、もう一歩先にいけばブランドバッグなどいらない!になる
べきです。

身分相応である人がヨーロッパでは高級ブランド品を買います。
フランス人女性なども一般の方はブランド品で身を固めるという
ような事をしません。

先ほどのメラビアンの法則で見た目が55%と言いましたが、
ブランド品で着飾らなくてもセンスの良い綺麗な格好をしていれば
十分だと思います。

特に中高年は何が自分の幸せなのかをもう一回考えるべき

お金は確かに大切です。お金さえあれば大抵の不安は取り除ける
かもしれません。特にお金の無い老後は考えただけで身震い
してしまいます。

しかし稼げば稼ぐほど幸福になるかといえばそうもいえない
らしいのです。

よく耳にする話で、年収が800万円を超えるとそれ以上稼いでも
幸福感を得られないというものです。

もしくは結婚していれば世帯年収が1500万円を超えると
そのように感じるようです。

住宅や子供の塾、家族旅行など達成したかったことができて
しまうため、それらのランクをそれぞれ上げていくこと位しか
楽しみがなくなってしまいます。

あればあっただけ散財してしまう方は例外でしょうが。

ともかく、スポンサーありきのテレビが伝えるお金持ち像は
庶民の購買意欲を煽るためのものが多いように思います。

特に人生最大の買い物である住宅については購入するかどうか
で迷うべきです。

最近の若者は消費しないといわれていますが、、。

最近の若者は恋愛もしないし車にも興味がないなどと言われています。
昔と違って稼ぎも少なくなっていますので、年配の方と同様の
消費をできないのは当然です。

プラスして今の若者はテレビも新聞も読まない方が増えているので
マスコミの影響を受けない世代といえます。

ですが、そもそも恋愛や車に興味がないという若者も多いのです。
資本主義の消費社会においては消費をしないと回らないので
困った現象ではあります。

困ったというのは資本主義にとってであります。そうでない社会に
移行するのであればそれは問題にはなりません。

人間を除く動物達の世界では「自分に必要な分だけとる」ということが
当たり前です。ライオンなども必要以上に獲物を捕るなんてことは
しませんよね。

自分の収入に合わせて不必要な消費をせず、周りと比べることなく
精神的にも楽に生きることはこれからの時代必然的なことかも
しれません。

そのように考えれば、今の若者の生き方は時代の流れ的には
なんらおかしなことではないのかもしれません。

この時代の若者はテレビにも影響されません。
イコール、メディア洗脳されにくいということ。

H&Mのようなファストファッションも環境に悪いため世界の若者に
そっぽを向かれつつあります。

若者は凄い可能性を秘めていますね!
人間は相手の年齢や性別など関係なく学べますね。

お金ではないものが人生を豊かにする可能性をもっと探らないと
いけない時代なのだと思います。

マスメディアによる偏った物の見方はなるべくしないように
毎日生きたいものです。

NHKも全く信用できません。

スポンサードリンク



ソーシャル

金融知識をシェアする