インターネットオブシングス(IOT)と仮想通貨IOTA

Internet of Things 略してIoT。日本ではモノのインターネット
と呼ばれています。

IoTの前にユビキタスはどうなったの?

ユビキタスという言葉は1999年頃に日本最王手シンクタンクの
野村総研が言い出したとのことです。

ユビキタスネットワークというものが国家政策として掲げられ
豊橋技術科学大学を中心として研究開発が進められていました。

「いつでも、どこでも、何でも、誰でも」ネットワークにつながる
「ユビキタスネットワーク社会」というものを国は構想してきました。

これは外国産の言葉Iotと同じものであり、より世界に通用する言葉
であるIotが今では盛んに使われているようです。

インターネットオブシングスの利用例

車とインターネットが繋がっていれば寒い朝や雪国に住んでいる人は
出かける前に車を暖気しておけますね。

このようなエンジンスターターと呼ばれるものは昔からあるわけ
ですが、電波を飛ばしています。

インターネットに繋がれていれば東京から福岡に置いてある車の
エンジンをかけることができます!

びっくりマークつけましたが、そんなことしたい人は
いないでしょうね。

冷暖房がインターネットと繋がっていればとても便利です。
冷え切った部屋を帰宅に合わせて温めたり、蒸し風呂の
ような部屋を帰宅に合わせてクールに仕上げることが可能です。

現在の技術ではアマゾンエコーのように家の中だけでの管理
になります。

音楽をかけさせたり、目覚ましになってくれたり、ニュースや
天気予報などを音声認識で操作してくれます。

そのうち家電製品の電気の切り忘れも外出先から管理できるので
便利になりますね。

ついでに出来の悪い息子や娘もインターネットに繋ぐことが
できれば、ちゃんと勉強しているかどうか外出先から確認
することができ、してなければ電気ショックを与えることが
できるという時代もくるのかと思われます。

私のような落ちこぼれが減り、国家も安泰ですね。

そして浮気性の旦那さんもインターネットに接続して
一日24時間チェックして電気ショックを与えられます。
最悪な世の中になりそうです。

こうなるとインターネットオブシングスではなく
インターネットオブピーポーとなるわけです。

世界を支配している層はこんなことを真剣に考えて
いると思われます。

上に載せたアマゾンエコーやグーグルホームなどの商品を皮切りに
色々なIOT製品を人々は有難がって購入し、個人の趣味志向、
生活態度などがビッグデータとして勝手に収集されるのです。

この波に乗らないと(笑)

仮想通貨IOTA(アイオータ)とは

インターネットオブシングスの社会が拡大するにつれて
相互運用性やリソースの共有が必要になってきます。

その際オープンマーケットでのリアルタイム取引で
必要となるお金のやりとりを手数料無料で目指す
しくみがIOTAです。

ビジネスとビジネスをIOTAでつなぐ役割です。

タングルというブロックチェーンを使わない技術

アイオータで使われている技術はタングルというものです。
軽量性とスケーラビリティーを備えたブロックレス分散元帳。

仮想通貨にはスケーラビリティーという用語がよく登場します。
スケーラビリティーとはコンピュータの持つ拡張性のことです。

これが高いと利用者が増えてもシステムに負担がかからないような
処理がしやすいということにあなります。

利用者が増えて送金詰まりをおこすようではいけませんね。

米マイクロソフト社、日本の富士通などと提携

マイクロフトはシリコンバレーにあると勘違いしている人が
たまにいますがワシントン州にあります。西海岸ですね。

そのマイクロソフトがアイオータと提携しました。
日本の富士通もです。

ほかにもロンドン証券取引所、フランクフルト証券取引所上場企業
である電気通史事業者であるドイツテレコム、

電動工具と自動車部品メーカーであるボッシュ。こちらもドイツ。

第二次世界大戦戦敗国コンビですね。

あとアックセンチュア。こちらはアイルランドにある世界最大の
経営コンサルタントファーム。多国籍企業なので節税目的で
アイルランドに本拠地を置いている模様です。

IT関連だけでなく経営コンサルが押してくれているのは
ちょっぴり心強いですね。

私はIOTAをガチホしています。
購入したのはビットフィネックスですが、
現在ではバイナンスでも取引されていますのでそちらのほうが
おすすめであります。

バイナンス登録方法はこちら


仮想通貨

Posted by mogu