スポンサードリンク



アメリカ大手金融機関ウェルズ・ファーゴ銀行の深い闇。不正営業の手口

アメリカでの支店数ナンバーワンの金融機関

本社はアメリカ合衆国サンフランシスコ。
銀行業、保険、投資、住宅ローン、商業融資など多岐にわたる金融サービスを
展開しています。

支店の総数は8700店、ATMの数は13000機を有します。
日本国内のATM拠点数が一番多いのはみずほ銀行で焼く7000拠点
ありますがその2倍近くになります。

資産価値で米国第四位、時価総額で第一位の銀行となっています。
時価総額は2016年時で約24兆円です。
因みにソフトバンクの孫正義氏の総資産額は約2兆2000億円。
孫さんの凄さが分かります。

ウェルズファーゴの初代社長はエドウィン・モルガン

エドウィン・モルガンは1137年~1170年まで
プリンスオブウェールズだったオワイン・グウィネズの子孫で
ニューヨーク、オーロラで生まれ育ちました。

同姓同名のスコットランドの詩人エドウィンモルガンではありません。
アメリカの財閥、モルガン財閥と関係あるかどうかは調べたのですが
分かりませんでした。すみません。

Cayuga Lake academy(今は軍学校)で学び父の商業企業
の事務員を13でやり、21の時に会社を引き継ぎました。

その後彼の友人が1852年に設立したウェルズ・ファーゴ
アンドカンパニーの最初のディレクターかつ社長に就任しました。

友人ヘンリー・ウェルズは1850年にアメリカンエクスプレス
カンパニーも設立しています。

ウェルズファーゴは当初カリフォルニア州への郵便速達、船積み、
銀行サービスの提供で躍進しました。
ゴールドラッシュで西へ大量に移動していく人の需要を
掴んだのです。

ウェルズファーゴの不正営業の悪徳すぎる手口は詐欺同然

ウェルズファーゴは少なくとも2011年から秘密裡に存在する
顧客の名前で勝手に口座やクレジットカードを作ることをはじめました。

もちろん顧客の許可なしです。従業員が厳しいノルマを達成する
ために行った不正行為です。署名や同意書を偽造していたといいます
からかなり悪質です。

口座なら口座管理料、クレジットカードであれば年会費を不正に顧客
から徴収して3億円近く騙し取っていました。

不正口座とクレジットカードは両方をあわせて200万件以上
あったといいます。物凄い数です。

口座管理料やクレジットカードの年会費を不正に徴収された
顧客は裁判を起こそうとしましたが、一番最初の不正ではない
契約書に如何なる場合も訴訟を起こさないなどの文言があり
それにサインしている以上とても厄介なことになるようです。

個別に弁護士を雇って裁判していくより仕方がないようです。
搾取された額が少ないと費用倒れになってしまうので
泣き寝入りするしかないようです。

2016年に発覚し米消費者金融保護局に罰則金190億円ほど支払い
一応の決着をしました。その罰金から盗んだ3億を返還するという
考えはアメリカにはないのでしょうか。

個別の提訴に関してのみ個別に対応するというのはいかがな
ものでしょうか。大企業の弁護士に勝てる見込みも少ないでしょうに。

スポンサードリンク



ソーシャル

金融知識をシェアする